講師紹介所属講師のご紹介です

ドラム講師辻川郷

辻川郷

ドラム講師
担当楽器ドラム・キッズドラム
レッスン教室豊中校(土曜)

ドラムの楽しさ、音楽の楽しさを伝えたい。
僕の知っていることは全部伝えて、
自分だけの音楽を奏でられるようにサポートします!

ドラムの楽しさは何と言っても自分からリズムを生み出せることです。

ドラムセットが生まれてから約100年。
その100年間ずっと言われて来た言葉「ようそんな手足バラバラに動いてスゴいな〜」。
ドラムを始めたい皆さんも一度は思ったことがあると思います。
身構えてしまうこともあるでしょう。
でも大丈夫です。ドラムを叩くための正しい身体の使い方を知って、
身体に馴染ませて行けば、必ずあの憧れの曲や憧れのドラマーのフレーズが演奏できるようになります。
自分が生み出すリズム、グルーヴで誰かが身体を揺らしたり、手拍子をしたり、
踊り出したりしているのをステージから見れば、必ず「ドラムをやってよかった」と思うはずです。

「叩く」ということは、最も原始的な演奏方法です。
だからこそ奥が深く、単純なリズムでも演奏する人によって個性が出ます。
その個性を大切にしながら、身体を痛めない正しい演奏フォームやスティックの持ち方、
力の抜き方(ドラムを演奏する際にスポーツ的な力は要りません)、演奏するときの心構えまで、
丁寧にレッスンします。

何でも言ってしてください。
「あの曲のリズムはどうなっているの?」
「この曲のフィルインの手順ってどうなっているの?」
「ドラムを叩くときいつも緊張してしまう、、、」
「あのバンドのドラマーは誰?」
「こないだ◯◯のライブ見ました!」
わからないことがあれば丁寧に解説します。
また、僕もいちドラムファン、音楽ファンとして一緒に色々な楽しい話ができると思います。

僕と一緒にドラムを楽しみましょう(≧∇≦)

プロフィール

京都府出身。
14歳からパンクロックに目覚め、ドラムを叩き始める。
その後HM/HRに傾倒する。
大学時代には200を超えるバンドを経験し、あらゆるジャンルの音楽のコピーに没頭する。
20代の中頃より梅本啓介氏に師事。
自身も講師をするかたわら、自身のバンドSTILL LIFEやアイドルやソロシンガーなどの
アーティストサポートでライブやレコーディングをするなど精力的に活動している。

講師紹介動画